関連サイト


株式会社 清和
TOP後加工のご案内> 後印刷加工

後印刷加工

後印刷加工

>>コチラで後印刷加工のサンプルをご覧いただけます。




 

 



後印刷加工とは



できあがっている袋に表刷りで印刷を行うもので、樹脂の凸版でインクを袋などに転写させる簡易的な印刷方法です。
印刷精度についてはこちら≫
 

後印刷加工のメリット



企画提案用などにお使いの場合もタイミングを逃しません。




お持ちの文字・柄データか、当社の文字・柄データをIllustrator(PCデザインソフト)でレイアウトして印刷します。
色と書体の組み合わせにより、様々な表現ができます。
後印刷加工に使用できる色は下記の12色。(片面につき2色までお選びいただけます。)
※印刷ができる範囲内にレイアウトします。




既製品に必要な数量だけ印刷するからトータルコストを抑え、在庫削減も図れます。

後印刷加工の特徴


ddd


袋の表・裏に印刷が可能 (印刷可能範囲はこちらをご覧ください)
●カタログに掲載している袋にご希望数量で簡単に後印刷できるシステム
「お客様のイメージされた内容やお持ちの文字・柄のデータ」もしくは、「当社保有の文字・柄」等をIllustrator(イラストレーター)でレイアウト後、樹脂版を作製し、印刷いたします。(簡易的な印刷のため、若干のズレはご容赦ください。)
●印刷色は全12色の中よりお選びいただけます。(片面につき2色までお選びいただけます。)


●小さな文字など、細かな印刷は、つぶれる可能性があり、イラストなどの表現に限界があります。
●表刷りのため、摩擦により、インクが剥がれる場合があります。
●印刷の際、ズレが生じます。

後印刷加工と一般印刷の違い

弊社における後印刷は既製品への加工であり、元来、文字情報を中心に承ってまいりました。 そのため、印刷精度やデザインの再現性を要求される企画には適しておりません。 下記の比較表をご覧いただき、後印刷と一般印刷の違いをご確認ください。

後印刷範囲について

茶袋や巻ラベルのサイズに合わせて後印刷できる範囲のデータ(雛形)をご用意しています。必要な方はご連絡ください。
が印刷できる範囲です。










材質やサイズの都合上、または取次商品のため、印刷できない商品もあります。事前にご確認ください。
一部の商品には裏面に説明文や商品番号等の印字がすでに入っていますので、ご注意ください。
袋は上下・左右各3mmの印刷のズレが生じる場合がありますので、2色印刷を希望の場合は事前にお問い合わせください。
平袋・ガゼット袋について、裏面中央の背貼りの切れ目部分への印刷は文字切れの原因となります。


後印刷加工に使える色と書体

色と書体の組み合わせにより、様々な表現ができます。
後印刷加工に使用できる色は下記の12色。(片面につき2色までお選びいただけます。)

袋本体の柄や文字を事前にご確認ください。サンプルも送付いたします。必要な方はお問い合わせください。
黒 赤 紺 茶 緑(イ) 緑(ロ) 緑(ハ) 白 銀 ピンク オレンジ 紫


■後印刷加工のインクは透過性が高く、袋によっては色や柄などが透けて見えるため、
見本の色と実際の色では異なる場合があります。


■上記の後印刷加工色見本の印刷内容については、内容物と袋の適性を保証するものではありません。
事前に材質構成をご確認ください。

印刷精度について

後印刷加工は樹脂凸版による簡易的な印刷ですので以下についてご注意ください。

@小さな文字や細かな模様・イラストはつぶれる可能性があり表現に限界があります。
A大きな面へのベタ印刷は色ムラが目立ちやすく、とくに背貼りやマチで袋の厚みが均一でない袋はムラが出やすくなります。
Bフルカラー印刷などの色を掛け合わせた表現やグラデーションなどの印刷はお受けできません。
印刷色は片面2色までとなります。

C使用しているインクは透過性が高いため、袋の柄や色を抑えるほどの濃度はありません。(下地の柄や色が透けて見えます。)

Dバーコード(※)印刷を行った商品については、読み取り確認を行っていますが、
バーコードスキャナーの機種により 読み取りに差が生じる場合があります。ご了承ください。


※当社ではバーコードデータ作成時、バーコードの大きさは1.0倍以上、バーコードの高さ(短いバーの部分)は倍率×10+1mm〜を基本にしております。また、袋により白ベタ印刷(白ベタ+黒の2色)または白抜きバーコードの商品がございます。当社にてバーコードを作成ご希望の場合は、別途データ作成代1,000円がかかります。

袋の後印刷加工にかかる費用





後印刷加工にかかる費用の詳細



●成行(なりゆき)数量加工の場合・・・月締めのお客様のみ対応
「定数」とご指定がない場合、印刷時に発生したロス分を除くため、でき上がり数量が必ず5%〜10 %ほど下回ります。
その際は、でき上がりの数量でご請求させていただいております。

●定数(ていすう)加工の場合・・・月締めのお客様、代金先払いのお客様対応
※ご注文の数量が必ず必要な場合は「定数」とご指定ください。
ご注文数量が減らないように、印刷ロス予測枚数(製造ロットが異なります)をプラスして後印刷を行います。
ご注文いただいた数量より多くでき上がる場合がございますが、ご注文の数量で請求させていただきます。
なお、余分にでき上がった袋は、予備としてお送りいたします。

後印刷加工代

※代金先払いのお客様は、定数加工代をご確認ください。


納期について


お客様のご希望の出荷日にできる限り対応を行う予定ですが、協力工場の混み具合やご注文時期によっては、対応できない場合があります。余裕を持ったご注文をお願いいたします。
●ご注文時から1カ月以上の余裕を持ってご注文いただく一部の加工品につきましては、下記の通り還元させていただきます。ただし、ご注文の納期を後日変更希望される場合は、還元が対象外になる場合がございます。
●お急ぎの場合の対応につきましては、一部別途費用で対応させていただきます。(ご注文の時間や工場での混み具合などによっては、ご希望日の一部出荷での対応や、出荷対応できない場合もございます。できるだけ余裕のあるご注文をお願いいたします。)
●「ご注文日」は、当日15:00までの受付・原稿校了・入金確認が対象となります。
●ご注文、校了の時期や時間帯により、商品出荷までの納期が変動する場合がございます。(見積もりが発生した場合は、了解を頂いた日を正式なご注文日とさせていただきます。)
●新規・変更のご依頼の場合は、お客様に原稿の校正確認(印刷内容の確認)をお願いしています。
納期については校正確認書にて確認完了のお返事をいただいた日(ご注文日)からおよそ1週間で出荷となります
●リピート品は、ご注文後、およそ1週間で出荷となります(工場の混み具合や休日によって変動する場合があります。)●代金先払いでリピート品のご注文の場合、当社での入金確認日を「ご注文日」とさせていただきます。 詳しくはお問い合せください。

後印刷加工の流れ









データ入稿の手順

※データ入稿は、PCデザインソフト「Illustrator(イラストレーター)」でお願いします。
※データ入稿の場合データチェック代を別途頂戴します。
※入稿前に「入稿していただく際の注意≫」ページをご確認ください。


まずは雛型データを依頼する
■袋によって印刷範囲が異なるため、後印刷加工を希望される袋の雛型データをご依頼ください。
■Eメール添付にてご依頼の雛型データをお送りします。
雛型データに印刷したいデザインをレイアウトする
■印刷可能範囲に収めてください。範囲外には印刷できません。
■雛型データに添付したを使って作製してください。
■印刷ズレにご注意を!2色印刷をご希望の場合は事前にご相談ください。
ズレは1色印刷で最大、上下左右3mm発生します。
●文字は6.5pt(一括表示は8pt)以上、線幅は0.5pt以上、ベタ抜きの線は0.75pt以上、破線は線分3、間隔3、線幅1pt以上で 作製してください。また、細い線の書体では6.5pt以上必要な場合もあります。その際は変更をお願いする場合があります。
●樹脂版を使用しての簡易印刷のため、濃淡をつけたり、細かなデザインには適していません。グラデーションは再現できません。
●配置する画像は画像を埋め込まず、画像の元データも一緒に入稿してください。
●画像データのサイズは原寸以上かつ解像度350dpi以上、文字の場合は600dpi以上が基本です。
●画像モードはモノクロ2階調で保存形式をTIFFにしてください。その画像をIllustrator(イラストレーター)上でレイアウトし、 全12色より色をつけてください。(片面につき2色までお選びいただけます。)
作成したデータを入稿できる状態にする
■文字は全てアウトライン化してください。アウトラインがかかっていないと、お客さまからいただいたデータを当社で 開いた際に、文字化けするなど予期せぬ不具合が起きる場合があります。アウトライン化した後、ドキュメント情報でフォントがないか必ずご確認ください。
■「印刷範囲内のデータはすべて版データに反映されます。プレビュー状態または、出力上見えないオブジェクトでも版データに反映される場合がございます。印刷範囲内に不要なオブジェクトがないか今一度ご確認ください。」
■Illustrator Ver.CS2 以下で保存してください。CS3以上のデータは使用できません。CS3以上をお使いの場合は、 保存の際にバージョンをCS2以下にしてください。その際、必ず再度データを開き、不具合がないかご確認ください。
確認用の画像データを作る
■入稿時にはIllustratorのデータと確認用jpgデータが必要です。
方法:全てをアウトライン化した後「ファイル」→「書き出し」→「jpgで保存(解像度は150dpi程度でOK)」
作成したデータを入稿できる状態にする
■注意:入稿時にはチェックシートを1点につき1枚添付してください。
「後印刷加工入稿データチェックシート」でのチェックと記入を行ってください。
入稿時に当社で行うデータチェックは、後印刷が可能かどうかのチェックです。文章内容、誤植、デザインミスなどのチェックではありません。入稿前に今一度、内容の確認をお願いします。
■データ入稿では、ご入稿いただいたデータを完全データとしてそのデータを版データに変換作業させていただきますのでご入稿の際は完全データになっているかどうかご確認の上お送りください。
■データに不備が見つかりお客様に再度ご入稿いただく場合はやむを得えず納期が遅れる場合があります。
(文字のアウトライン化もれ、画像がある場合の元画像の添付もれ、印刷範囲外へのレイアウトなど)
■注意:データに不備がありご連絡する場合はメールではなくお電話にて行う場合がございます。ご了承ください。


[東日本エリア]・・・ shizuoka@seiwa-p.co.jp


[西日本エリア]・・・fukuoka@seiwa-p.co.jp