関連サイト


株式会社 清和
TOP > 冠婚葬祭ガイド 
※ 地域によっては多少風習の違いがあります。

進物の種類

慶事 結婚、出産、七五三、成人、入学、卒業、就職、新築、当選、入賞など。
お見舞 病気、火事、風水害など。
一般贈答 年賀、中元、歳暮、餞別、クリスマスプレゼントなど。
弔事 葬儀、お通夜見舞、お供物、満中陰など。



のしの結びについて

蝶結びのし紙 一般の進物に使う(一般・祝事用)。
結び切りのし紙 ・二度あってはいけないことに使う(結婚、全快などの内祝)。
・一般の仏事に使う(仏事用)。



注意点

寸志と志の違い 寸志 : ちょっとした進物。 / 志 : 仏事のお返し(一般の進物の場合もある)。
粗品と寸志の違い 粗品 : 自分より目上の人へのちょっとした進物。 / 寸志 : 自分より目下の人へのちょっとした進物。
仏式と神式の違い 仏式 : 御香典、御仏前 / 神式 : 御神前、御玉串料
内祝の二通り 蝶結び : 一般祝事のお返し / 結び切り : 婚礼、病気全快のお返し


進物の際のチェックポイント

商品を入れる前に
・値札を取りはずす。
・商品に汚れ、破損はないか。
・箱に汚れ、破損はないか。
包装する前に
・掛紙は正確か。
・表書きは毛筆で書き、正しい位置にあり、 見苦しくないか。
・商品と掛紙をお客様に点検していただく。
・包装個数は正しいか。
包装する時に
・お届け品の時、途中で汚破損のないよう特に内装に注意する。
・商品に掛紙が逆さまにならないようにする。
・包装紙には、一般用、祝事用、仏事用の3種類があるので、注意して使い分ける。



冠婚葬祭 のし紙一覧

  ご婚礼 ご不幸 一般
表書 寿または御祝
ご返礼は寿、内祝
供 ご返礼は志 御中元、御歳暮、
粗品等用途に応じて
掛紙 二枚を重ねて使用
(印刷掛紙の場合一枚)
一枚使用 一枚使用
短冊 掛紙がかけにくい場合に用いることが多く、表書きによって進物の意味を表わす。
水引 金銀または、紅白を使用
夫婦結びまたは、結び切り
黒白または、銀白を使用
結び切り
紅白を使用  蝶結び
のし あわびのし、または松竹梅
使用しない あわびのしまたは、わらびのし


祝用・仏事用の熨斗紙が多数ございます。 熨斗の表書きが1枚から簡単に印刷できます
仏事・法事用の包装資材はお任せください