特大 ガゼット袋

大型の保存袋をお探しですか?

当社では、大型サイズのガゼット(マチ付き)袋も取り揃えています。
熱シールで密封することで外気をシャットアウトします。
原材料や製品の保存をはじめ、卸用途など幅広くご利用いただいています。

特大 ガゼット袋 一覧

茶葉換算で、500g〜7s程度の袋です。事前に無料サンプルでお試しください。

袋サイズ
(正面巾+マチ)×高さ
アルミNY蒸着NYクラフトアルミNYAクラフトアルミNY目安量
(茶葉換算)
150(100+50)×320mm1177 297 500g
150(100+50)×370mm221 1091
150(100+50)×390mm10409
150(100+50)×370mm10353 11534
150(100+50)×320mm67 11533
195(120+75)×300mm10395 10394 700g
195(120+75)×370mm299
195(120+75)×420mm222 1092 1kg
190(120+65)×400mm10960 10959
190(120+65)×430mm10931
200(120+75)×450mm10806
230(150+80)×420mm10033
270(180+90)×470mm223 1093 2kg
405(300+105)×570mm224 1094 4〜5kg
355(245+110)×620mm10962
350(240+110)×600mm4634
405(300+105)×650mm225 1095 5〜7kg

材質の違いについて

大型の袋は、現在3種類の材質をご用意しています。各材質の特徴について、下記表をご参考ください。

             
材質特長
アルミNY 遮光性、防湿性に優れており、強度も高い材質です。
蒸着NY アルミ蒸着材質にNYを貼り合わせています。遮光性はアルミNYタイプの袋に比べると劣ります。真空減圧に対応しています。
クラフトアルミNY アルミ材質にクラフト紙を貼っています。ナチュラルな風合いがあり、 表面が紙のため、寒暖差による表面の結露が生じにくい材質です。
※「クラフトアルミNY」と「AクラフトアルミNY」の違いは、表面のクラフト紙の違いです。
 クラフトアルミNYは、手触り感のある風合いがあります。
 AクラフトアルミNYは、きめ細かでなめらかな表面です。

後加工について

後印刷加工:当社の既製袋に表刷りで印刷することができます。詳しくはこちら
※対象商品は、各商品の商品詳細ページにてご確認ください。

ガス抜きバルブ取り付け加工:当社の既製袋にガス抜きバルブを取り付けることができます。詳しくはこちら