お手軽プリントWeb版
ご利用ガイド


「お手軽プリント Web版」の基本操作が分かる取扱説明書です。

この簡易取扱説明書は Adobe Systems 社の Adobe (R) Reader で表示が可能なデータ形式 (PDFファイル) で提供しています。ファイルを表示するには Adobe Systems 社の Adobe (R) Reader (無料) 最新版が必要です。

1.用紙を選択する

①商品番号/キーワードから選ぶ

  1. 商品番号を空欄に入力して「絞り込む」クリックしてください。
  2. 該当商品が一覧で表示されますので、使用される商品を選択してください。
    長方形のシールなどは、縦・横それぞれのテンプレートがありますので、複数表示されます。

②カテゴリから選ぶ

  1. 「カテゴリから用紙を探す」からカテゴリを選択してください。
  2. 「小分類から用紙を探す」から小カテゴリを選び、使用する商品を中央の一覧から選びます。

※シールは、使い方や使用する向き・形状によって、一括表示入力例・シール<縦型>・シール<横型>・シール<その他>の4つの小カテゴリに分かれています。

③保存したファイルから選ぶ

  1. 「ファイルを選択」をクリックすることで、ファイルを開くウィンドウが表示されます。
  2. ファイルを選択し、開くボタンをクリックすることで、保存したファイルを開くことができます。

④パッケージ通販でサンプルから選ぶ

  1. 「パッケージデザインnet」をクリックすることで、パッケージデザインnetサイトに遷移します。
  2. パッケージデザインnetにてデザインのリンクをクリックすることにより、デザインされたテンプレートを開くことができます。



2.文字を入力する

文字を挿入します。基本的な挿入の仕方は以下の通りです。

  1. 文字タブを押し、プロパティを開きます。
  2. 文字の向きを選択します。
  3. オブジェクトを選択します。
  4. 文面フィールドより文字を変更します。


編集の機能を説明します。
編集はオブジェクトを選択することで編集が可能になります






3.線・図形を入れる

線・図形を挿入します。基本的な挿入の仕方は以下の通りです。

  1. 線・図形タブを押し、プロパティを開きます。
  2. 挿入する図形を選択します。

編集の機能を説明します。
編集はオブジェクトを選択することで編集が可能になります

※一つの図形で、[塗りつぶし]と[グラデーション]を同時に選択することはできません




4.画像を入れる

画像を挿入します。基本的な挿入の仕方は以下の通りです。

  1. 画像タブを押し、プロパティを開きます。
  2. [フォルダから画像を選ぶ]を押します。
  3. 画像選択画面が表示されるので、画像を選択します。
  4. [開く]を押すことで画像が挿入されます
  5. ※ファイルサイズが1MB以上の画像は挿入できません。


※任意のフォルダから画像を選択すると、次回よりそのフォルダが開きます。
編集の機能を説明します。
編集はオブジェクトを選択することで編集が可能になります

※ファイルサイズが1MB以上の画像は挿入できません。画像編集ソフトで画像を小さくし  ファイルサイズを縮小させて、再度お試しください。






5.データを保存する

【ご注意ください!】
保存したファイルを直接ダブルクリックしても開けません。
ブラウザを起動しお手軽プリントWeb版から開いてください。

作業途中のデータを保存(ダウンロード)することができます。
保存データはotdw形式でダウンロードされます。上書き保存の場合は、変更した内容を再度同じ名前のファイル名で保存します。
保存したファイルを修正する場合は、ブラウザを起動し「開く」ボタン(メニュー)から修正したいファイルを選択し修正することができます。
※ブラウザの初期設定では保存先が「ダウンロード」ファイル、ファイル名が「Otegaru.otdw」で保存されます。

任意のフォルダ、ファイル名で保存したい場合はご利用のブラウザによって設定が必要です。ブラウザ毎の設定方法は以下をご参照ください。


<デフォルトの保存(ダウンロード)先を指定するブラウザ設定方法>

[Chrome]でダウンロードするファイルの保存先を変更する方法
(1)パソコンで Chrome を開きます。
(2)画面右上で、その他アイコン(図1参照) > [設定] の順にクリックします。
(3)下の方にある [詳細設定] をクリックします。
(4)[ダウンロード] セクションで、ダウンロード設定を編集します。
(5)デフォルトのダウンロード保存先を変更するには、[変更] をクリックして新しい場所を選択します。
ダウンロードのたびに保存場所を選択する場合は、[ダウンロード前に各ファイルの保存場所を確認する] の横にあるチェックボックスをオンにします。

※ダウンロードしたファイルが任意のアプリケーションで勝手に開く設定になっていることで、保存の際に「このファイルを開けません。」と表示されることがあります。この場合はブラウザ設定を以下の手順でご変更ください。
(1)Chromeの右上にある「Google Chrome の設定」ボタン(︙)を押す
(2)[設定]を選択
(3)下にスクロールし「詳細設定 ▼」をクリック
(4)「ダウンロード」項の「ダウンロード後に特定の種類のファイルを自動的に開きます」の横を「クリア」に設定

[Safari for Mac]でダウンロードするファイルの保存先を変更する方法
(1)パソコンで Safariを開きます。
(2)画面左上の「Safari」>「環境設定」を選択します。
(3)一般 パネルの「ファイルのダウンロード先」から「その他」より任意のフォルダを選択します。

【名前を付けて保存したい場合】
(1)画面左上の「Safari」>「環境設定」を選択します。
(2)一般 パネルの「ファイルのダウンロード先」から「ダウンロードごとに確認」を選択するとダウンロードの都度保存先、ファイル名を指定することができます。



6.印刷する

印刷は1シート全部を印刷する「シート印刷」と、 1シートのうちの必要な枚数だけ印刷する「部分印刷」があります。
Webブラウザから印刷
印刷アプリをインストールして印刷

【シート印刷】

【部分印刷】

※のし紙・三方袋・巻紙・封筒などの1シート1面の商品については部分印刷はありません。



印刷方法は2通りです。

(プリント時に選択できます。)


(1)下記ボタンより印刷アプリをダウンロードします。
(2)OtegaruPrinter.zipを右クリックし「すべて展開」をクリック。
(3)展開された「OtegaruPrinter」フォルダ ⇒OtegaruPrintApp.exeを右クリックし「管理者として実行」をクリック。
※拡張子が隠れて[.exe]が見えない場合は拡張子を表示したいフォルダを開き、メニューの「表示」タブをクリックします。
[ファイル名拡張子]のチェックボックスをクリックすると「OtegaruPrintApp.exe」の拡張子が表示されます。

(4)「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されるので「はい」を選択。
(5)インストール後、「お手軽プリントPDF印刷」画面が表示され完了です。
※「OtegaruPrinter」フォルダを移動、削除するとOTDPファイルをダブルクリックしても起動されません。
フォルダを変更する場合は再度OtegaruPrintApp.exeを右クリックし「管理者として実行」をクリックしてください。
※アンインストールは「OtegaruPrinter」フォルダごと削除します。

※インストール時に「This application requires one of the following versions of the .NET Framework,Version=v4.6.1」と表示されインストールできない場合は、警告画面の「はい」をクリックしマイクロソフト社のホームページから「.NET framework 4.6.1」をダウンロードします。ダウンロードしたファイルからインストール⇒再起動し、再度印刷用アプリのインストールを実行してください。

Windows用 印刷アプリをダウンロード

[Mac]印刷アプリのダウンロード・インストール方法

(1)下記ボタンより印刷アプリをダウンロードします。
(2)OtepuriPrinter.dmgをダブルクリックします。
(3)図1の画面が表示されるので、そのまま画面上でドラッグ&ドロップするとインストールが完了します。
※アンインストールはアプリケーションフォルダから「お手プリ印刷」アイコンを削除するとアンインストールされます。
Mac用印刷アプリをダウンロード



Chromeブラウザからの印刷設定方法[赤ボタン]

(1)別タブでPDFの印刷画面が表示されたら、画面右上にマウスドラッグし印刷マークをクリックします。

(2)左図を参考に送信先(プリンタ名)、カラー等を設定、「詳細設定」メニューを開きます。

(3)「基本設定画面」で用紙サイズを選択し、「ページサイズに合わせる」のチェックが外れているか、倍率が100%になっているかを確認します。

(4)プリンタの印刷詳細設定を確認する場合は、「システムダイアログを使用して印刷」をクリックし全般タグの該当プリンタを選択し「詳細設定」をクリック。

(5)用紙の種類や印刷品質を「きれい」に設定します。「フチなし印刷」が設定されていると印刷ずれの原因になるためご注意ください。




※Chromeブラウザの無料ダウンロード

バーコードを挿入します。基本的な挿入の仕方は以下の通りです。

  1. バーコードタブを押し、プロパティを開きます。
  2. [JANコード入力]フィールドにJANコードを入力し、[バーコードの生成]を押します。

編集の機能を説明します。
編集はオブジェクトを選択することで編集が可能になります。
[バーコードの更新]を押すことで編集が反映されます。

  • 「お手軽プリントWeb版」は、(一部のレーザー対応用紙を除く)インクジェットプリンタ対応です。
  • バーコードを印刷する場合、読み取り精度をより向上させるため、 印刷前にプリンタのヘッドクリーニングをすることをおすすめします。
  • また、用紙の素材によって読み取りができない場合がありますので、 バーコードは白無地シールをご利用ください。
  • プリンタの印刷状況によっても読み取り結果が異なる場合があります。 ご利用に際しては必ず読み取りテストを行ってください。

QRコードを挿入します。基本的な挿入の仕方は以下の通りです。

  1. QRコードタブを押し、プロパティを開きます。
  2. [QRコードに埋め込む情報]フィールドに情報を入力します。
  3. [QRコード生成]ボタンを押します。

編集の機能を説明します。
編集はオブジェクトを選択することで編集が可能になります。
[QRコードの更新]を押すことで編集が反映されます。

  • 「お手軽プリントWEB版」は、(一部のレーザー対応用紙を除く)インクジェットプリンタ対応です。
  • QRコードを印刷する場合、読み取り精度をより向上させるため、 印刷前にプリンタのヘッドクリーニングをすることをおすすめします。
  • また、シールの素材によって読み取りができない場合がありますので、 QRコードは白無地シールをご利用ください。
  • プリンタの印刷状況によっても読み取り結果が異なる場合があります。 ご利用に際しては必ず読み取りテストを行ってください。
  • QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
お手軽プリントで作製したシールやラベルの内容を、画像に変換する機能です。

編集エリアの全体表示、拡大、縮小を行うことができます。 拡大、縮小は25%単位で行われます。

現在のテンプレートから他のテンプレートに変更を行うことができます。
※保存していない場合、変更が削除されますので、ご注意ください。

テンプレートの枠線を確認したい場合は、テンプレート枠表示ボタンをクリックしてください。
オブジェクトの塗りつぶしや画像の貼りつけによりテンプレートの枠が隠れてしまった時、確認するのに便利な機能です。

図形や画像テキストなどを選択した状態でコンテキストメニュー(右クリックメニュー)をクリックすると「最前面に移動」「最背面に移動」「前面に移動」「背面に移動」が表示されます。各オブジェクトを前面背面に移動させたいときに便利な機能です。

図形や画像テキストなどを同時に移動したい場合などに便利な機能です。
オブジェクトを一つずつ選択するには、Windowsの場合はCtrl+クリック、Macの場合はcommand+クリックで選択できます。またオブジェクト全体を囲むようにドラッグすると囲んだ範囲のオブジェクトが複数選択できます。

ツールバー

ツールバーは編集エリアの上部に表示されています。
すべての編集機能に対しても使用することができます。

番号 名称 機能説明
1 新規作成 新しく作成を始めるボタンです。
保存していない場合、データが消えますのでご注意ください。
2 開く 保存されたotd, otdwファイルを開くことができます。
3 保存 作業内容を保存することができます。 出力ファイルはotdw形式です。
4 画像に変換 作製したシールやラベルの内容を、 画像に変換する機能です。
5 切り取り 選択したオブジェクトを切り取ることができます。
6 コピー 選択したオブジェクトをコピーすることができます。
7 貼り付け 切り取りまたは、コピーしたオブジェクトを貼り付けることができます。
8 戻る 作業を戻すことができます。
色に関しては履歴を保存していない為、カラーピッカーの履歴をご使用ください。
9 印刷 印刷をすることができます。
10 用紙変更 現在の用紙から他の用紙に変更ができます。

メニューバー

メニューバーは編集エリアの上部に表示されています。
すべての編集機能に対しても使用することができます。

メニューバーは4つのメニューに分けられています。 各メニューの機能について説明します。

1.ファイルメニューについて

番号 名称 機能説明
1 新規作成 新しく作成を始めるボタンです。
保存していない場合、データが消えますのでご注意ください。
2 開く 保存されたotd、otdwファイルを開くことができます。
3 保存 作業内容を保存することができます。 出力ファイルはotdw形式です。
4 画像に変換 作成したシールやラベルの内容を、 画像に変換する機能です。
5 印刷 印刷をすることができます。

2.編集について

番号 名称 機能説明
1 戻る 作業を戻すことができます。
色に関しては履歴を保存していない為、カラーピッカーの履歴をご使用ください。
2 切り取り 選択したオブジェクトを切り取ることができます。
3 コピー 選択したオブジェクトをコピーすることができます。
4 貼り付け 切り取りまたは、コピーしたオブジェクトを貼り付けることができます。
5 削除 選択オブジェクトを削除します。
6 拡大 編集エリアの拡大を行います。
7 縮小 編集エリアの縮小を行います。
8 全体表示 編集エリアの全体表示を行います。
9 用紙変更 現在の用紙から他の用紙に変更ができます。

3.グリッドについて

番号 名称 機能説明
1 グリッド表示 グリッドを表示します。
2 グリッドに合わせる オブジェクトの位置をグリッドに合わせます。

4.ヘルプについて

番号 名称 機能説明
1 使い方ガイド 使い方ガイドを表示します。
2 よくある質問 よくある質問を表示します。
3 バージョン情報 現在のバージョンを表示します。

プロパティバー

プロパティバーは文字や図形などを挿入する際に使用します。

番号 名称 機能説明
1 文字 文字を挿入、編集、削除、コピーを行うプロパティを開きます。
2 図形 図形の挿入、編集、削除、コピーを行うプロパティを開きます。
3 画像 画像の挿入、編集、削除、コピーを行うプロパティを開きます。
4 バーコード バーコードの挿入、編集、削除、コピーを行うプロパティを開きます。
5 QRコード QRコードの挿入、編集、削除、コピーを行うプロパティを開きます。
6 全体表示 テンプレート読み込み時の初期位置を表示します。
7 拡大 編集エリアが拡大されます。
8 縮小 編集エリアが縮小されます。